犬も歩けば棒にあたる ~つもりは厄介~

2020.10.17
 
 
 
こんにちは。三国教室の仲谷です。
 
 
 
 
 
 
 
みなさん、タイトルにもある
 
 
 
 
「犬も歩けば棒にあたる」
 
 
 
 
ということわざ!
 
 
 
 
誰しも聞いたことはあるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは問題です。
 
 
 
 
 
このことわざの意味を答えよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『得意なものでも失敗することがある』
 
 
 
と答えた人!残念ながら不正解です。
 
 
 
 
それは
 
 
 
 
『河童の川流れ』
 
 
『猿も木から落ちる』
 
 
『弘法(に)も筆の誤り』ですね。
 
 
 
 
 
 
 
同じ意味だと勘違いする人が多いですが実は違います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは答えですが
 
 
 
 
『犬も歩けば棒にあたる』の意味は
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あまりでしゃばった行動を起こすと
 
思わぬ災難に遭遇する』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実はもう一つ意味があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『何か行動を起こせば思ってもいない幸運に出会える』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みなさん、どうですか?
 
 
 
 
 
正しく理解できていましたか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動物シリーズに惑わされないようにして下さいね。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
響きはまぬけですが
 
 
 
意外と深いことわざです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実はこの問題
 
 
 
 
 
誰しも聞いたことはあるはずなのに
 
 
 
 
 
意外と正答率が低いんです。
 
 
 
 
 
何度も聞いたことがあるので
 
 
 
 
 
知った気になっているんですね。
 
 
 
 
世にも恐ろしき『分かったつもり』です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勉強には分かったつもりでも
 
意外と理解出来ていないことがよくあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時は分かったつもりでも
 
定着していない事がほとんどです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから
 
『テストで思ったより点数が取れなかった』
 
という事態に陥る訳です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『分かったつもり』が一番厄介なんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どこが出来て、どこが出来ていないか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして出来ない原因は何なのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうすれば出来るようになるのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが勉強の本質ですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを見極めることが出来るのが
 
 
 
プロの講師陣なんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
是非一度お近くの教室まで見に来て下さい!!!
 
 
 
 
 
お問い合わせはこちらまで
 
 
三国 仲谷 090-5661-6117
 
 
 
電話が鳴り止まぬこと期待しております。
 
 
 
 
 

TOP