AIに奪われる仕事って?

2020.03.29

こんにちは、山本です。

コロナの影響もあって、外出自粛しておられる方も多いかと思います。
私も休日は一日家にいるようにしています。

さて、そんな休日にAIについて色々調べていたのですが、
非常に面白いテーマについてAI研究者が所見を述べていらっしゃったので取り上げたいと思います。

タイトルにもある通り、「AIに仕事が奪われる」ことについてです。

結論から申し上げると、奪われる仕事は”ある!”ということ。

しかし、現時点、更には我々が生きている世代くらいではドラえもんのような、
人を超すようなAIは完成しないようです。

そのAIが出来ないことがコミュニケーション。
要は文章読解が出来ないってことなんです。
数式に当てはまらないことは理解できないので、国語・英語のような科目は解けないようなんですね。

コミュニケーションを必要とする仕事はAIに奪われることはないということですね。
では、そういう仕事やればいいんでしょ?目指せばいいんでしょ?その通りです。

しかし、ここからが本題!
自分自身に問うてください。本当にちゃんと日本語理解できていますか?

その先生が仰るには、色々テストをした結果、
大学受験直後のホカホカの大学生ですら1/3は国語力がない、そんな状況です。
(テストは中学高校の教科書、もしくは新聞からの引用で作られた大学合格者なら一度は目にしたことがあるようなものだそうです。)

さて、振り返ってみて本当に自分はコミュニケーション能力がある。AIに出来ないことだってやっていけるはずだ!
本当にそう思いますか?力を大きく養える時期は学生のうちですよ。今の自分を振り返ってみましょう。

吹田教室ではまだまだ生徒募集中!!
無料体験授業もやっております!!
まずは、本部または教室までご連絡ください。プロの講師陣がお待ちしております。

本部フリーコール:0800-100-1515
吹田教室直通:070-1591-1057


TOP