元日と元旦のちがいって?

2021.01.06

こんにちは。山本です。

 

 

お正月も終わり、今日から3学期が始まるところも多いと思います。

 

 

さて、そんな過ぎ去った正月ですが、

1月1日のことを「元日」と言ったり「元旦」と言ったりしますが、

何がちがうのでしょうか?

 

 

現在はどちらも1月1日をさす言葉として扱われるので実はどちらも”同じ”です。

 

 

なんですが、元々は少し区別もあったんですね。

 

 

“元”には「根本の、初めの」という意味があります。

なので、「元日」が1月1日、年の初めの日 を表す言葉でした。

 

 

対して「元旦」ですが、

“旦”は地平線から太陽が昇ってくる様子を表しているので、

「元旦」は最初の朝日=初日の出、1月1日の朝 を指す言葉です。

 

 

実は似ているようで少し違う日本語。どんどん勉強していきましょう!!

 

 

吹田教室では無料体験授業実施中!!
お勉強で悩まれている方、まずはお問い合わせください!
本部フリーコール
0800-100-1515

吹田教室
070-1591-1057

 

修優舘 吹田教室 山本

 


TOP