マラドーナを偲んでー何が何でも抜いてやれー

2020.12.25

皆さん、こんにちは。

さて、今回は、先日亡くなったアルゼンチンのサッカー選手

ディエゴ・マラドーナについて書かせて頂きます。

 

私は、大のサッカー好き。

10代の多感な頃に、マラドーナの栄枯盛衰を目の当たりにしました。

マラドーナといえば、20世紀最高の天才と評される、

100年に1度出てくるかどうかの選手でした。

 

1986年メキシコ・ワールドカップでの「5人抜き」は

永遠に語り継がれるであろう、芸術的なワンシーンです。

 

「5人抜き」に代表されるように、マラドーナのプレーの特徴は

そのドリブルセンスでした。

まるで、周りの選手が止まっているように見えてしまう。

足にボールがくっついているような、そんな見事なドリブルでした。

 

そのマラドーナのドリブル。

秘訣はと言うと、意外にも技術云々ではないのです。

 

今は絶版になりましたが、マラドーナの全盛期に出版された

『マラドーナのスーパーサッカー』という本の中で

「秘訣があるとすれば、何が何でも抜いてやれという

強い気持ちを持つことに他ならない」と語っています。

 

テクニックも何もなくても、気持ちの強さだけで

敵陣を突破していくドリブルを、「素晴らしいプレーだ」とも語っています。

 

 

中学入試と共通テストが、近づいて来ています。

ここから先は、上記のような「何が何でも」の気持ちが大事だと思います。

 

合格して志望校に通っている自分をイメージしながら、

一直線に突き進んで下さい。

 

 

 

 

 

 

 


TOP