やってはいけない勉強法2

2020.10.13

皆さん、こんにちは。

 

さて、前回は模擬試験について

書かせて頂きました。

今回もその続きです。

 

「模擬試験の受け方、活用の仕方」は

受験勉強における「学習管理」に該当します。

 

模擬試験について、「やってはいけないこと」は

受けた後に自己採点や復習をしないこと、です。

 

むかしから、模擬試験が終わった直後に

すぐ採点している人は極めて優秀な人だと

言われています。

 

自分の記憶のズレや、問題解法上の着眼点の確認など

試験直後ならより正確に把握出来ます。

その作業をその日のうちにしない人は

残念ながら、結果が出ません。

 

これは、中学受験から大学受験までに当てはまります。

 

合格判定が極めて曖昧なのは、

この、「受験直後の復習の差」が

日が経つごとに広がってくるからです。

 

判定が悪くても、喰らいついて復習する受験生が

判定が良くて油断する受験生を追い抜いて行くのです。

 

思い当たる人、居ませんか?

 

このブログを読んで、「やばい」と感じたら

今すぐ、最近の模試の復習から始めましょう。

 


TOP