みんなが疑問に思うこと

2020.09.04

皆さん、こんにちは。

 

さて、このブログは、学生さんだけでなく

保護者の方々もご覧になっているかも知れません。

 

学生さんなら、一度は疑問に思ったことが有るかも知れません。

保護者の方も、一度はこの質問をお子さんからされたかも知れません。

 

つまり、

「何で、こんなに勉強しなければいけないの?」

「勉強って、大人になって役に立つの?」

という、素朴な問いです。

 

ジブリ映画「となりの山田君」にも

父親と息子の勉強に関するやり取りのシーンが有りました。

そのシーンでは、父親は明確な答えを用意できていませんでしたが。

 

何故、こんなに勉強しなければいけないのか?

それは、世の中に出て、有利なポジションを確保する為です。

世の中は、10代・20代に猛烈に勉強して結果を出した者が

有利なポジションに立って、効率よく豊かに生きています。

 

勉強は、役に立つのか?

立ちます。

世の中に出て、仕事を始めると、

仕事には「答え」が在りません。

あるのは、「仮説」や「推測」であり、

「これを自分の答えだと信じたい」という

「信念」が有るだけです。

 

その「答えのない人生の難問」に立ち向かうとき、

頭の中に、「典型的な問題とその答え」の様々なパターンが

膨大にストックされていれば、

それが無数の引き出しとなって、

あらゆる角度から、ひらめきや発想を生むのです。

それが、仕事に生きていくのです。

 

勉強好きな人間が

如何に有利に生きていけるか、は

古今東西の歴史が証明しています。

 

次回からは、そんなお話をしてみたいと思います。


TOP