数学嫌い

2016.09.20

こんにちは。
少路教室の猪俣です。

今回は生徒からよく質問される、数学嫌いについて話してみたいと思います。

私も小学生の頃から算数、数学と大嫌いでした(笑)

数学嫌いを治すのは永遠のテーマですが、少しでも治る手助けとなれば幸いです。

まず、数学嫌いに多いのが、発展の問題は分からないから赤ペンで解答を写す。

塾ではこんなことはさせませんが、学校の提出物を見るとなんと赤字の多いこと。

「テスト前に見直す。」と言っても眺めるだけ…。
これでは数学はできるようになりません。

数学の楽しみは難しい問題が解けた時の喜びを味わうこと。
数学は解き方のパターンを覚えること。

私の授業も、「こう問われたら、こう!」と言うのを意識して教えています。

それが別の問題で1人で解けるようになると、もっと解いてみよう!
テストでできなかったら悔しいという気持ちが出てくると思います!

あとは数学は解いた問題数に比例するということでしょうか。
やはり生徒の解答を見ると勉強しているのか努力しているのかがすぐ分かりますね。

小・中・高校生は数学嫌いだけど、根気よく問題に向き合ってみてください。


TOP