激怒

2017.09.13

爽やかな秋風に吹かれながら

気持ちよくバイク通勤中、失礼します

柴原教室の安達です

 

バイク乗りにとっては

本当に良い季節になってきました

今、乗っているバイクはもう7代目になりますが

3代目のバイクにはかなり思い入れがあります

 

ある朝、いつものように

バイクで出かけようとすると

 

ない

 

あるはずのものがない

 

自ら風になったのか

尾崎豊の仕業か…

 

とりあえず警察に被害届を出しました

もし見つかっても無傷ではかえってこないだろう

と思い新しいバイクの購入を検討しましたが

走行距離40000kmとかなり愛着があったので

一週間、新しいバイクを買うのを待ちました

 

そして、約束の一週間後

ついに警察からバイクが見つかったとの連絡が

急いで警察署に向かい

ナンバープレートがへし折られ

ヘッドランプがない無惨な彼とご対面

 

 

バイク「力一杯に頬を殴れ。私は途中で悪い夢を見た。

君がもし私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえないのだ。殴れ。」

 

私「バイク、私を轢け。私は一週間の間、たった一度だけちらと君を疑った。君が私を轢いてくれなければ私は君と抱擁できない。轢け。」

 

警察官「どうか、私も仲間にいれてくれまいか」

 

感動の名シーンが再現された瞬間です

信じることって難しいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい、太宰先生

 


TOP