もうすぐ夏休み②

2016.07.15

こんにちは。甲子園教室の神谷です。

最近、突然の雨がよく降りますね。正にゲリラ豪雨です。

さて、前回の続きですね。簡単に前回の話を振り返ると、なぜ始業式の日は起きるのがダルいのかという話でした。

今回はダルくならないための方法をお話したいと思います。

結論から言ってしまうと、始業式の日に起きる時間に起床時間を決めて毎日起きることです。簡単に言えば夏休みになっても普段通りに起きるってことですね。

これって意外に難しいですよね。クラブや用事で起きないといけない時は仕方なくでも起きられますが、何もないと寝たいですよね。何なら何もないと前の日に夜ふかしして昼まで寝るみたいなことしてしまいますよね。でも、リズムを一度崩すとなかなかもとに戻すのが大変です。なぜなら、遅く寝るとその分体内時計がズレるからです。これが朝起きれなくなる原因です。

さらに朝、いつも通り起きてもやることないって思うかもしれません。一番いいのは夏休みの宿題をやることだと思いますが、夜ふかししてやることを朝起きてやってもいいと思います。曜日ごとにすることを決めてもいいと思います。夜遅く勉強するより朝起きて勉強する方がお父さん、お母さんも褒めてくれると思います。

朝、起きるのも起きないのも自分の気持ち次第です。でも、これを実践できれば、いつも以上に充実した夏休みになると思います。


TOP