「on」の基本イメージ~続編

2016.10.22

こんにちは、吹田教室の二宮です。

今日は前回に引き続き、前置詞「on」の基本イメージについて、お話します。

前回の内容は、「on」の基本イメージは「接触」ということでしたね。

上下左右という位置は関係なく「接触」していることが重要です。

 

ただ、私たちの日常生活は重力の中で生活しているため、

「接触=上に乗っかる」という形が最も自然なものだと思います。

従ってA on Bでは、「A=乗っかる側・B=支える側」という形式で

使われることが多いのです。

 

Most Japanese live on rice. (ほとんどの日本人は米を主食にしている。)

「A=ほとんどの日本人」が「B=米」を支えにしていますね。

We live on our father’s income.(私たちは父の収入で暮らしている。)

「私たち」は「父の収入」に支えられていますね。

I’m counting on you.(きみのこと、あてにしているよ。)

count は「数える」。つまり、頭数に入れる=あてにする。

あてにする→頼る→支えられる、というイメージです。

 

「on」については、ここまで。

もっと知りたい生徒さんは聞きに来てくださいね!

次回は「at」「in」などの前置詞シリーズを考えています。


TOP